読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

自己紹介とブランドとバブル

自己紹介 バブル ブランド

自己紹介をしようと思う。

この記事は、創作であり、このウェブサイトの設定は仮定だ。

小説という設定だ。

今回は、すこし説明を加えようと思う。

学生時代のことだ。

学生時代、金融と財政と経営とマーケティングとブランドを学んでいた。

その中で、ときどき考えることがブランドとバブルについてだ。

学生時代の結論について話そう。自分にとって、ブランドで大切なものは、クラブミュージックとレゲエミュージックと海とシュノーケルとサーフィンだった。

それ以外は、ブランドとして明確な強みのあるものはなかった。情熱を注ぐものはなかった。

また、日本人にとって共通な面から最も強いブランド、広めるべきブランドは憲法だ。日本でブランドやマーケをやっているひとはこの大切さを訴えないひとはブランドをよく学んでいなくて、情熱がないと感じる。で、私は、日本の憲法に関する記事が多い。

電通の人も、マッキンゼーのメディア部門の人もブランドをよくわかってなかったんだよね。話して見た結果。で、ニーズは短期的にはないんだけど長期的にはあるし、自分のが気分が乗るし、情熱もあるから書いてる。

 

社会 カテゴリーの記事一覧 - kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

で、社会のひとがブランドに情熱を注いでいるか気になってブランドのことをいろいろ目に入ってくる。

ブランド カテゴリーの記事一覧 - kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

そして、仕事は、のこりのバブル関係の仕事をしている。

これが設定。

最後に繰り返すと、自分にとって最も大切なブランドは、レゲエミュージックとサーフィン。

日本人にとって、最も理解し、広げるべきブランドは、憲法