読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

なぜ、日本ラグビーの実力は、本物なのか。ラグビー日本代表の南アフリカ戦大金星勝利はまぐれかどうかを分析する。マオリ・オールブラックス戦を参考にして。

ラグビー日本代表の強さと原因をマオリオールブラックスときつい練習から分析することを行う。南アフリカとの試合での勝利をまぐれとするなら、それは一種のバブルだ。

実力が上がっているなら、それは確立された実力であるので、ブランドともいえる。

このウェブサイトの視点である、バブルとブランドの点から分析に値する。

そもそも日本ラグビー協会は、合宿の練習の様子をかなり強く広報するという特殊なケースなんだよね。日本テレビのシューイチでも練習のきつさをアピールしてた。

 

結論 日本代表の強さは、コーチの設定した練習とコーチの戦略による。そのノウハウが協会にのこれば強さは続くが、続かないだろう。

 

分析の効果

短期的な効果 日本代表はつよいことが推測される。すくなくとも現メンバーの間は。弱みは、体力の回復力。

長期的な効果 実力をあげるために必要なのは、すぐれたコーチ。コーチが取り組むのは、実力向上プログラムと適切なKPIの準備。そして、それを証明すること。

 

本文

日本代表がラグビーワールドカップ南アフリカに勝利した。ラグビーは、番狂わせのないスポーツだ。ラグビーワールドカップ史上最大の番狂わせと言われている。

 

headlines.yahoo.co.jp

内容が劇的なストーリーを伴ったものであるため日本人うけしやすいので、これからも話題に上るだろう。劇的な内容は、こちらを読んでいただければわかる。

blog.livedoor.jp

 

イギリスの状態はこちらがわかりやすい。

www.huffingtonpost.jp

 

ここで、気になるのは、この実力が本物かどうか。バブルかどうかだ。ブランドのような確実な実力だろうか。

ここで、注目する事実は、10ヶ月ほど前の事実だ。

それは、マオリオールブラックスとの惜しい試合だ。

www.rugby-japan.jp

この惜しい試合で、日本代表のチームは、実力をわかっていた。こりゃ勝てるなと。

ここに、ヘッドコーチの実力がある。卓越したプレゼン能力である。チームのメンバーに勝てることを、いい試合ができることを示したのである。きつい練習でも適切なKPIを示していることが推測される。

そのきつい練習を課すことができるのは、適切なKPIを示すことが条件だ。そうでなければチームメンバーに不満がたまる。そもそもの練習の効果は、大きく下がる。

一般的には、こういえる。ブランドを築くためには、KPIを適切に周知してプレゼンする能力も必要かもしれない。

 

ハードワークの内容

www.rugby-japan.jp

  

 以下、参考資料

headlines.yahoo.co.jp

 

diamond.jp

 

 

 一番読んでいただきたい記事はこちら。

kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com