kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

コミュニケーション

業界人間ベムからの問いかけに図解で回答してみよう。その4。ベインキャピタルによるADKのTOBの今後の行方について検証しよう。

業界人間ベムからの問いかけをまず整理しよう。 ①ベイン社のスキーム、ADKの次のゴールを調べること。→LBO、O.I(オープンイノベーションによるデータマーケティング) ②公のリリースを読むこと→途中 ③自分の仮説を検証してもらうこと→仮説構築はまだ。ベイ…

業界人間ベムからの問いかけに図解で回答してみよう。その3。ベインキャピタルによるADKのTOBの今後の行方について検証しよう。

前回の記事では、公式リリースを読み続けていて、8ページまでいったところだ。全体では、26ページだからもう少しありそうだ。 前回の記事はこちら。 kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com 公式リリースを読みながら、課題7個に答えようということがこ…

業界人間ベムからの問いかけに図解で回答してみよう。その2。ベインキャピタルによるADKのTOBの今後の行方について検証しよう。

前回の記事 前回の記事で、業界人間ベムからの問いかけに回答していく流れだった。 そして、その中で、問いかけは7個あった。そして、ADKのリリースが長くて、さらに、LBOという専門的なファイナンス手法が登場したため、こちらの記事に続きを書いていくこと…

業界人間ベムからの問いかけに図解で回答してみよう。その1。ベインキャピタルによるADKのTOBの今後の行方について検証しよう。

この記事は前回の記事の続きです。 前回の記事はこちら。 kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com 記事の内容を要約すると、以下のようになる。 業界人間ベムというADK出身の人が様々な宿題を出している。その宿題に応えてみようということである。 宿題…

ベインキャピタルによるADKのTOBに関して、広告マーケティングを愛する人からの視点(業界人間ベムからの問いかけを整理してみよう)

業界人間ベムという有名サイトがある。 ADK出身の横山さんのブログだ。 このブログでベインキャピタルのADKに対するTOBについて大変詳しく解説してある。それと同時に「広告マーケティングを愛するひとたちへ」自分の頭で考えてみようというメッセージが投げ…

WPPは知っている、『ベインキャピタルはADKからwpp株式の含み益400億円を得ることができるため、TOBを表明した。』

ベインキャピタルが買収(TOB)をADKに対して行っている。 今回は、この背景を説明したい、二点に分かれる。 なぜ、ベインはADKを買収するのか。そして、ADK側はなぜ、賛成するのか。 まず、事実の確認だ。 japan.cnet.com ビーシーピーイー マディソン ケイマ…

電通のブランドイメージと評判が落ちる。デジタル部門でのクライアントへの過請求。

コミュニケーション(意思疎通)と広告の話をしよう。 先日は、博報堂のブランドイメージと評判が落ちる話をした。 kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com 要約すると以下だ。 裁判によって、博報堂の営業方法がわかる、これは大きな利点だ。そして、博…

博報堂のブランドイメージと評判が落ちる。アスカ・コーポレーションとの裁判。60億円の過請求。

コミュニケーション(意思疎通)とブランド、広告の話をしよう。 今回は、博報堂とアスカ・コーポレーションとの間の裁判だ。 簡単に言うと、博報堂がやってもいない仕事で金を請求したという話だ。 今後において注目すべき裁判であるので、紹介しておこう。…

ブラック企業PCデポでわかる日本人の法知識、法意識のなさ

コミュニケーション(意思疎通)に関する話をしよう。 法という考えがない日本人の話をしよう。 伝えたいこと 日本人は法という概念をもっていない。そのため、恫喝や脅しがある。法をしって、うまくコミュニケーション(意思疎通)をはかってほしい。 本文 …

女性映画ポスターはなぜ、ステレオタイプなのか。広告コミュニケーションが適切でないとお客に届かないという映画ポスターの話。

今回は、広告とマーケティングの話だ。 洋画というジャンルがある。 海外で制作された映画を吹き替えや日本語訳をつけて日本の映画館で上映し 利益を得るというビジネスモデルだ。 映画作品は日本で知名度はないものがほとんどだ。 そのため、広告の出番とな…

広島の人は、カープの優勝でなぜ熱狂するのか。広島カープがセントラル・リーグを優勝したときの熱狂の裏にあるブランド戦略は、商標権の無料利用というくまモンと同じ戦略。

ブランドとコミュニケーション、マーケティングの話をしよう。 広島カープが優勝した。 今回には、熱狂がある。 今回の熱狂は優勝しただけでは説明できない。 広島カープには圧倒的なブランド力がある。 ブランドとファンの間に強い絆がある。 その絆を少し…

新社会人に告ぐ。パソコンでメモをとるな、ノートを使え。パソコンでメモ取る新人は、すべて使えないという結果が出た。パソコンではずがかけないからだ。

ビジネススキルとコミュニケーションについての記事を書く。 僕の働く会社にも新人がやってきた、それは4月のことだ。そして、新人は、研修をうける、そして、4月の終わりに配属されてきた。 そこから、新人は、部署の研修をうける。部署の研修は5月いっぱい…

世の中には、バッターボックスにたつイチローとそうでない人がいる、その違いは、意思疎通というコミュニケーションである

バッターボックスにたつイチロー、という表現がある。 イチローは、3割ちょっとの生涯打率だ。つまり、大部分は失敗する、それでもイチローは圧倒的実績がある。圧倒的実績、実力がつく前に勝負(仕事、起業)しろという言説がある。 個人的には、まったく議…

缶コーヒーのCMで山田孝之と宇宙人は、なぜ、いろいろなコスプレをするのだろうか。清原覚せい剤逮捕の裏側で。

衝撃的な画像を見た。 清原という元野球選手が覚せい剤に関する容疑で逮捕された。 それから、いろいろテレビのワイドショーで説明はされている。入手経路がどうとか、再犯はどうだとかだ。 それも大切なんだが、やはり、野村元選手のインパクトは、大きい。…

ヤフーニュースが、新聞の一面よりも重視される時代といえる。覚えておくべき記事。『ネットが「欠かせないメディア」1位、動画ユーザー大幅増…NHKが5年ぶりに調査した「日本人とテレビ2015」が面白い(閑居氏) 』

日本の社会がネット中心になったことがはっきりと現れたデータが見つかった。 ヤフーニュースが、新聞の一面よりも重視される時代といえる。 それは、以下の記事だ。 togetter.com 「欠かせないメディア」として上げたのが、16-49歳では全体で①ネット40%②テ…

外国人旅行者への有料観光案内は、通訳案内士以外は、違法。そのために、TOEIC840点がある。

訪日外国人旅行者の数は、3年で、600万人から2000万人と 激増した。これは、バブルだ。 これにともない、観光ガイドの需要が高まっている。なぜなら、600万人と2000万人の差の 1400万人は、日本の素人だからだ。 もともときていた600万人は、素人ではない、…

FFのスマートフォンゲームのCMがすばらしい。桐谷美玲の魅力を理解している。

スマートフォンゲームはバブルだ。 この構造は、いつかまとめるとしよう。 分析の効果 短期的効果 桐谷美玲のきれいさがわかる 長期的効果 これからもスマートフォンCMは、強気なCMが見れる構造が理解できる。 本文 まず、このCMを見てほしい。 www.youtube.…

ジョブズは、市役所の公務員の人生を変えた。スマートフォンというメディアの登場。

20世紀、21世紀最大のデザイナー、企業家は、スティーブ・ジョブズだ。 彼の業績は、多くの人が知っている。 今回は、誰も行っていない分析を行いたい。 分析の結論は、 「彼は、日本の地方公務員の人生を変えた男だ。」となる。 分析の効果 短期的な効果 ス…

公共広告とバス停広告とMCデュコーとDCデュコー。Globeのバス停広告が話題となっている。

Globeという小室哲也のユニットの20周年記念のアルバムが発売される。 http://www.barks.jp/news/?id=1000122458 www.barks.jp この広告は、バス広告の一種だ。 MCデュコーがやっている。 世界最大の屋外広告会社だ。 バス広告だが、ターゲットをバスを待つ…

なぜ、アマゾンに挑む競合が存在するのか。アマゾンがブラックだとして、その代替はあるのか。クラウドサービス部門での競合。

今回は、コミュニケーションと広告とブランドの話をしよう。 そして、分析の最後でサラリーマンが何を学ぶことができるか、普段の生活に生かすことができるかを考えたい。 テーマは、アマゾンだ。アマゾンはブラック企業である。しかし、ブラックであること…

なぜ、日本のスポーツ報道は、物語ばかりを語るのか。竹田圭吾氏は語る。甲子園のマイナス面を朝日新聞は報じない。これは、日本社会をあらわしている。

今回は、コミュニケーション、マスコミの話をしよう。 とりあげるマスコミは、朝日新聞、毎日新聞、NHKだ。そして、テーマは甲子園と報道だ。さらに、この事象からサラリーマンは何を学びいかせるのか、考えたい。 伝えたいこと 日本のマスコミのスポーツ報…

なぜ、上級国民というワードが人々の心をとらえるのか。上級国民という、オリンピックエンブレムからうまれた広告ワード

今回は、マーケティング、ブランドとコミュニケーションの話をしよう。 上級国民という新たなブランドワードがうまれたことを分析して、コミュニケーションの観点からサラリーマン生活に役立てよう。 上級国民という広告ワードが生まれた。 戦時中の非国民と…

なぜ、日本人は冷たい心は普段目立たないのか。「しぇしぇしぇ」男に関する、日本人の正直な他者の心の痛みがわからないという意見とサイコパス。

今回は、コミュニケーションの話をしよう。 とくに、日本人の冷たい心というコミュニケーションだ。 テーマは、脱法ドラッグを吸って隣人を切りつけたケースだ。 サイコパスという言葉は覚えておいたほうがいいだろう。 この事件を分析して、サラリーマンの…

資産とコミュニケーションいう観点からのマンション購入。マンションを首都圏で買う前に読むべきちきりんの記事

今回は、投資とコミュニケーションの話だ。 テーマは、マンション購入だ。 マンションを買ったほうがいいのか、賃貸がいいのか、 長い間のテー語られてきたテーマだ。 今回は、そのテーマについて、日本のマクロ経済状況から答えを出そう。 答えは、地震が来…

アマゾンは、ブラック企業で、代替企業としてヨドバシカメラは便利だとおもった。

マーケティングやブランド、コミュニケーションの話をしよう。 ブランドやコミュニケーションの話は、このニュースから個人が何を学ぶかという点で強く語るとして、はじめにマーケティングの話をしよう。 今回は、マーケティングの競合の部分と広告の話だ。 …

イケテル経理リーマンの机の中には辞書代わりの専門書がある

タイトル イケテル経理リーマンの机の中には辞書代わりの専門書がある(余裕ある経理リーマンの特色と経理分析実務説明) このブログのテーマは、コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、ブランドとビジネススキルである。今回は、ビジネス…