読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

なぜ、身近なバブルは目立たないのか。身近なバブルは、クラウド会計サービス、家計簿アプリだ。

バブル ベンチャー 地方経済 社会

今回は、フリーやマネーフォワードといったクラウド会計サービスについて

バブルの感じがしたので、ふれてみたい。

 

バブルに関して、これまでいろいろと分析してきた。

 それは、こちらにまとめてある。

kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com

 

今回特に、は、クラウド会計サービス、家計簿アプリのバブルの現状を分析し、それぞれの会社に投資すべきかどうかを後々検討したい。

 

分析の効果

短期的な効果。バブルの業界がわかる。そこらへんでお金が動いていることがわかる。

長期的な効果。次のバブルを探し、そこでいい思いができたらなという長期的な戦略に役立つ。

 

 本文

家計簿アプリ、クラウド会計サービスのスタートアップがバブルだ。これをまとめたい。

フリー、マネーフォワードが主な舞台だ。

 

まず、わかりやすく攻めているのがフリーだ。

分析に入る前に簡単に説明すると、小規模事業者のわずらわしい、得意でない時間をカットするという視点でのビジネス展開だ。

博報堂google出身の社長は、ブランドつくりをきちんと考えている。いずれ個別に取り上げたい。

そのフリーが、35億円の巨額の資金調達を発表した。

japan.cnet.com

 

組織を拡大する点については、今後1年間で約100人の採用を目指す。主に、営業やパートナーシップ、開発などの職種で採用活動を進めるという。

現在、100人未満の従業員と記憶している。一気に二倍だ。これは、バブルのにおいがする。

 

 

一方、ライバルのマネーフォワードはどうか。10億円の資金を調達した。さらに、静岡銀行住信SBIネット銀行と業務提携契約を結んだ。

jp.techcrunch.com

静岡の中小企業に関しての営業力はすさまじいものがあるだろう。こういう地方経済への貢献の仕方もある。営業職を100人雇うよりはるかに、有効な政策と思える。

住信SBIネット銀行との業務提携では、11月をめどに同行のユーザーに対してマネーフォワードをベースにしたアプリ「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」を提供する。(略)今後は各銀行向けに「マネーフォワード for ○○銀行」というかたちで各銀行ユーザー向けのアプリも提供していく予定だ。

この提携でポイントは、すべての銀行にアプリを提供するモデルができたところだ。これは、大きなコストカットになる。あまり数値に出ないが有効な政策だ。

ネットやアプリに強い、マネーフォワードという東京の企業が、静岡という地方のメーカーを助けるというビジネスを地方銀行とともにおこなう。

これは、注意して追うべき点だ。

 

 

中小企業向けの請求書サービスもチェックしておきたい。バブルのかおりがすればすかさずまとめておきたい。

internet.watch.impress.co.jp

 

まとめ

今後は、個別の企業分析でより投資価値があるか検討したい。