読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

ブラック企業PCデポでわかる日本人の法知識、法意識のなさ

コミュニケーション(意思疎通)に関する話をしよう。

法という考えがない日本人の話をしよう。

 

伝えたいこと

 

日本人は法という概念をもっていない。そのため、恫喝や脅しがある。法をしって、うまくコミュニケーション(意思疎通)をはかってほしい。

 

本文

日本人はビジネスでも日常生活でも恫喝する人がけっこういる。

圧力をかける人もいる。彼らは圧力をかけること自体が強要罪となることを知らない。

日本のコミュニケーション(意思疎通)のスタイルは、法律、法という考え方、コミュニケーションの方法を無視したものだ。

ブラック企業はそもそも労働法を無視した存在であるが、そのひとつであるPCデポで元従業員への恫喝が見つかった。

以下が、記事である。

 

netgeek.biz

引用する。

(1)PCデポバイトしていた志村武史さんが同社スタッフの不正などを暴露。クレジットカード不正を働いた者は辞めておらずまだ会社にいる

(2)「すでに退職しており、問題は確認できなかった」という説明と矛盾してしまうPCデポは焦って、志村さんに投稿を消すよう電話で恫喝&鬼電。

(3)志村さんは圧力に屈せず、電話の恫喝についても暴露を始めた

ここで弁護士に相談すると事態が一変する。

つまり急に弱気になるのだ。

法律を重視しないことがこの国のスタイルのひとつになっている。

その他の記事で、法律を守らない、意識しない記事は、こちら