kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

保存版記事。APAホテルはなぜ、料金を変えるのか。

割といい記事をみつけた。それは、APAホテルの料金を説明している記事だ。

biz-journal.jp

 

一言分析

 

著者にたいして、すこし引っかかるところがある。それは、説明がたりないのではないかという点だ。

象徴的なことを引用する。

まず、前提条件、外国人の旅行者がバブル的に増えた。

円安の影響を受け、近年、訪日外国人の数は飛躍的に増加しています。2011年には約620万人だったものが、15年には約1970万人と3倍以上の伸びとなっています。「爆買い」に代表されるように、こうした動向が日本経済にプラスの影響を与えていることは間違いありません。

それにともなって、アパホテルに対する事実をのべる。

 

こうしたホテルの値上げに関連して、インターネットや雑誌などのメディアで大きく取り上げられているのがアパホテルです。その内容は概ね「普段は1万円もしない部屋が週末や大雪などの天候により、3万円程度にまで引き上げられる。部屋もサービスも同じなのに、3倍という価格差は大きすぎる。3万円は、一流のシティホテルにも泊まれる価格だ」といった内容です。

 まず、ここで、批判が上がっていることを説明する。

つぎに、この批判は、あまり当てはまらないと述べる。

レベニュー・マネジメントといわれると、何か新しい手法のようにも感じてしまいますが、クリスマスやお正月料金など、日本においても古くから一般的な料金体系として存在していました。

日本ではよくあることだ、と述べる。

そして、最後に、やっぱり批判はしょうがいないかもねとなる。

さらに深刻なことは、ホテルの評判、ブランドへの悪影響です。アパホテルは、駅近・リーズナブルな価格といったイメージをこれまで多くの客に与えてきましたが、積極的なレベニュー・マネジメントによる価格のアップダウンの激しさは、こうしたイメージを損なうことでしょう。今まで事前にほかのホテルとの価格比較などしなかった常連客が、日常的にそのような行動をとるようになれば、これはアパホテルにとって大打撃となるでしょう。

どちらとも、スタンスが取れていなくて、ぐるぐる回っている印象だ。字数の制限があるから現状の様々な事例紹介に力を注いでいるかもしれない。

レベニューマネジメントが有効なのは、ブランドが確立されていて、なおかつ、大きな変動がないとき、という前提条件が必要なはずだ。外国人観光客が、3倍に増えたは、レベニューマネジメントの前提条件を満たさないのではないか、当然筆者もそれぐらいわかっていると思われるが、そこをつっこんで、今後の大きなAPAホテルの取るべき対応を考えた記事が読みたかったというのが、個人的感想です。

APAホテルは、外資系広告ブランドコンサルティング会社につけてもらった名前で、コンサルティング会社の手法をとりいれていると推測される。レベニューマネジメントもその一つと思う。その点をもっと追究した書籍を、ぜひ購入したい。

 ブランド関連の記事は、こちら。

 

kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com