kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

読むべき記事。「町山智浩 2016年アメリカ大統領選 ニューハンプシャー州予備選を語る 」

町山智浩 2016年アメリカ大統領選 ニューハンプシャー州予備選を語る

という記事があった。

miyearnzzlabo.com

 

とてもよい記事だったので紹介したい。

町山智浩さんがTBSラジオ荻上チキSession22』に電話出演。2016年アメリカ大統領選挙ニューハンプシャー州での予備選挙の結果について話していました。

(略)

荻上チキ)さて、まず今回のニューハンプシャーでの予備選挙なんですけども。この結果、町山さんはどうご覧になっていますか? 

(略)

町山智浩)もういま、大変な事態にアメリカはなっていると思いますね。日本では、ほとんど報道されてないですが、いちばんの問題は共和党でトップを取った、今回大統領候補になりそうなドナルド・トランプは共和党の人ではないし、民主党でヒラリーを抑えて民主党の大統領候補になりそうなバーニー・サンダースさんは民主党の人ではないんですね。

この構造をわかりやすく説明してくれている。


 (町山智浩)大学の学資が異常に高くなって、平均で350万円ぐらい。400万円ぐらいの借金ですね。彼ら。学費をローンしてるんで。

荻上チキ)日本の奨学金みたい。

町山智浩)で、いい大学に行った人たちは1千万近い借金を抱えているんですよ。

荻上チキ)1千万!?

(南部広美)そんなにですか!?うわー・・・

町山智浩)いい大学に行った人たちはね。で、どうしようもないし、家族を2人、大学に行かせられないんですよ。この学費の高さだと。サンダースが支持を得ている最大の理由は、『学費をタダにする』って言ったことですよ。

アメリカの強みは、若者が多くいて、その人のための政策をきちんと訴えることであると感じる。日本は、老人が多くなりすぎていて、この手の若者政策は人気がない。

この記事は、繰り返し確認すべき記事だ。