kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

なぜ、太陽光発電は魅力的であり、パネルは投資されるのか。太陽光パネルの新型が発表された。主役はイーロンマスク。

イーロンマスクの関わる新たなソーラーパネルが発表された。

数値が画期的過ぎて、何かの間違いだと思うほどだ。この事象の意味を分析してみたい。

太陽光発電は、バブルだから、分析してみようと思った。

 

分析の短期的効果 太陽光発電のニュースに注目する価値がわかる

分析の長期的効果 イーロンマスクの戦略の入り口と出口、川上と川下までとらえることのビジネスの強みがわかる

 

本文

イーロンマスクは、企業家だ。テスラモーターの経営者といえばわかるだろう。彼は、エネルギーをつくり、エネルギーを消費するという、サイクル全てがビジネスとしてとらえられることに魅力を感じている。

彼は、ソーラーパネル会社を2006年に設立した。テスラモーターズは、2003年に設立された。

いずれも、アメリカのシリコンバレーの影響が大きい企業だ。

ようやく一つの研究開発成果が出た。また、パナソニックと合弁で、州政府から補助金をもらい既存のレベルの太陽光発電パネル向上も建設中だ。

 

gigazine.net

京セラや三菱電機ソーラーパネルのワット単価を比較した図が確認できます。価格は1ワットあたり安くて400円台となっており、ソーラーシティの「66円」は破格の値段となっていることが分かります。

 大量生産はされていないが、パナソニックの合弁工場設置で大量生産のノウハウも手に入れいずれ主流になるだろう。

 

 

その他の、 日本における太陽光発電関係の記事はこちら。

kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com