読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

なぜ、ユーザベースに投資したくなるのか。スタートアップバブルで投資したいベンチャーその2は、ユーザベース

スタートアップの業界は、バブルだと判断している。

その構造は、以下の記事でまとめている。

kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com

 

 

このバブルにたいして一般サラリーマンである我々ができることは、大きく三つだ。

1、投資家になる。2、儲けるベンチャーではたらく。3、ベンチャーにBtoBビジネスとして、供給する立場として働く、である。

 今回は、1、の投資家の立場で投資したい企業を分析する。(もちろん投資は自己責任だ。企業の情報は変わっていく。あくまでも現時点での情報を分析したものである。)

労働者としてこれらの企業がいい環境かはわからない。後々増やしていく予定である。

 

投資先として、ユーザベースを考えたい。

 

企業概要

www.uzabase.com

外苑前にあった会社。今は、恵比寿。創業者は、投資銀行出身。投資銀行の若手がおなじような地味な資料を作っていて、それをインフラ化してはどうかという、コスト削減ビジネスからスタートした。それが、speeda。

社風は、自由。ゆるい感じがいい。基本私服。

 

強み

インフラ化するという視点。情報を集めるところがいい。NewsPicsという、差別化できるニュースインフラを持っている。海外展開を視野にいれてスタートしているベンチャー。投資家からみると市場の大きさが投資しやすい。

 

バブルかどうか

いつがピークか考えたい。大手がいずれ参入する感じがする。そのときにどこかの大きな会社に買収される出口を感じる。なぜなら、分析のレベルがいまいちだから。あくまで、若手のレベルをうめるということ。ある程度のレベルまでは有効だが、それ以上は伸びにくいビジネスモデルに感じる。webでメディアビジネスだと最終的には、googleとの戦いになるというフレームワークで分析すると、5年後は厳しいと思う。そこで、別の展開を経営陣は考えてnewspicsとかビジネスを安定させようと考えているのではないかな。

短期的には、投資したい。