読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

なぜ、フジテレビの恋仲は人気があるのか。変化する強みと変わらない心。恋仲をみて。

ドラマ恋仲が最終回だった。

ひさびさの、原作がオリジナル脚本ということで脚光をあびた。

最終回を分析する。まだ、最終回は見ていない。

 

分析の効果

 

短期的な効果 変わりゆく強みが、かわらないという自信より強いことのメッセージがわかる。

長期的な効果 オリジナル脚本ドラマは一種のチャレンジだったのではないか。オリジナルだと、俳優や関係性によって脚本を変えることができる。つまり、俳優のモチベーションが変わる。

俳優の内部に強みを見出す力を感じることができる。

 

本文

ドラマ恋仲は、わりと面白かった。その理由は、脚本がオリジナルで、自由度が高かったことだ。そして、個人的には、本田翼が主役だったことだ。これがかとうあいなら、好み的に厳しかった。(かとうあいの好感度が本田翼のそれより非常に高いのだ。)

脚本の自由度は、俳優のモチベーションを引き出す。

脚本の変化が可能だ。twitterやその他の影響で変更できる。

これは、ネットフリックスやhuluのおりじなるドラマに対抗する流れもあるだろう。

オリジナルドラマは、動画配信も含めた場合ビジネスとして広範囲に行える。

このような背景もあるだろう。

動画市場の分析はこちら。

 

kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com