読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

なぜ、太陽光発電は、圧倒的に伸びているのか。太陽光発電関連の発電割合は、九州が圧倒的。太陽光発電バブルの現状。

バブル 地方経済 投資 社会 インフラ 太陽光

九州で原子力発電所が再稼動する。

その九州では、太陽光発電の割合が圧倒的だ。

夏のピーク時では、25パーセントを確保している。

これは、圧倒的な効果だ。

 

この分析でわかること。

短期的な効果 太陽光発電というバブルの現状が、うまく効果をあげているということがわかる。

長期的な効果 様々なバブルの中でうまくいくものを見つけるという視点をさがすことができる。

 

 

www.asahi.com

 

その日の太陽光の最大出力(1時間の平均)と時間帯をきいた。ピークは9社とも晴れた日が続いた8月上旬で、太陽光の最大出力は午前11時台から午後1時台だった。

夏のエアコンが必要な時間、条件に対応して発電する仕組みは実に理想的だ。

 

www.tokyo-np.co.jp

原発と比較する視点では、こちらのニュースがわかりやすい。

太陽光発電原発十二基分に当たる計一千万キロワット超の電力を生み出し、供給を支えていたことが分かった。二年前は供給力の1%にすぎなかった太陽光は、6%台に急伸。

太陽光発電発電所製造はバブルだと思った。

しかし、九州のこの割合の高さの原因は検討するに値する。