kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

なぜ、ゴルフ場に太陽光発電ソーラーパネルが敷き詰められているのか。太陽光発電とゴルフ場の関係

効果

この分析をよむと、短期的には、ゴルフ場の流れにおもいをはせることができる。

長期的には、太陽光発電というクリーンエネルギーの発達の貢献を少し知ることができる。バブルの一端を知ることができる。

 

本文

ゴルフ人口が減少している。バブルの時期には、ゴルフ会員権が高値で売買されていた。

原子力発電のイメージが悪化し、日本における費用対効果が著しく悪いことが証明され、太陽光発電が求められる時代になった。ハード面では、日本は、地震国かつ、火山国家だ。そもそも原子力発電所はむいていない。

ソフト面では、日本人には、危険なものを扱うことはむいていない。太平洋戦争における、空気の研究や、最近の東芝の粉飾会計での「チャレンジ」など日本人には、おおきな課題をあつかう力はない。

 

それらの情報が、象徴的になっている場所がある。それは、ゴルフ場だ。

今回は、朝日新聞が数値を取材したので、引用させてもらう。

 

www.asahi.com

 

 ゴルフ場跡地の利用は、1カ所の面積は約100ヘクタールあるとされ、事業者にとってはまとまった土地を確保でき、新たな造成や開発が少なくてすむ利点がある。日本ゴルフ場経営者協会(東京都千代田区)によると、今年3月末で全国110カ所余りで計画があり、すでに約60カ所が発電所に転用されたという。(仙波理)

2011年の計画停電太陽光発電で必要なくなった。

原子力発電所を動かす必要性が減ってきている。