読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

なぜ、就職面接の面接担当サラリーマンは人の性質を見抜けると勘違いし、偉そうなのか。就職、転職活動で、面接官は人の性質を見抜けることはない

社会 人事人材育成出世 就職転職

結論をタイトルに書いた。今回は、その内容を説明しようと思う。

この分析を読むと、

短期的には、転職や就職の面接に対して落ち着いて取り組むことができる。

長期的には、組織における出世の仕組みがわかる。

 

導入

面接官と呼ばれる人は、サラリーマンという一般従業員だ。

銀行員なら銀行職員で公務員なら職員だ、学校の先生も職員、職員室とあったことを

思い出す。

面接官なんてものは、正式な職業でもないしただやっているだけ。

面接の場で彼らが面接官として感想を述べるだけだ。もちろん、さるやまのさるとしての感想や、意見だ。

 

本文

diamond.jp

この中の一文が気になった。

今回は、面接における内容面の重要性についてお伝えしてきました。印象と同様に「本気で」あるいは「真剣に」会社に向き合っているかどうかが重要で、きちんとできている人かどうかを面接官は肌感覚で見抜くことができます。

 分析

 面接官があなたの本気を見抜ける?そんなことができるだろうか。となれば、彼は他の人の本気もみぬけるはずだ。すごいな。では、あらゆる企業の本気をみぬけばいいな。社長の話を聴きに行けばいいんだから。彼は株式投資をすればいいよ。働く必要はないな。となる。追求していくとこうなる。

もっと、短く考える。彼の主張のとおり、本気で向き合う人を見抜けるとする。そして採用するとする。本気で働いている人がいる。その会社は、どれだけ成長するだろうか。本気で働いているんだろう。成長率は、どれだけだろう。しかも、この面接官の肌感覚は、一般的に成立すると言っているのだろう。シリコンバレーみたいに成長率の高い企業がわんさかでてきているだろう。

どこの国の話なのだ?教えてほしい。

 

まとめ

就職と転職でおかなわれる面接の本音を述べよう。我々、サラリーマンは、さるやまとはぐるまの論理で生きている。会社の歯車であり、出世レースをおこなう、冷たいさるの集団だ。

面接官は、求職者である、あなたに興味なし。さるとしてしか見てない。 面接官はあなたを評価や分析、効果解析する力はない。面接官が興味あることを話せばいいだけだ。しょせん、人数合わせの採用だ。かといって、面接も時間を使って行うので、結果を出したい。そのため、面接官には、義務がある。それは、ある質問をする義務だ。

 

対策

 

面接官は、ある義務を課される。それは、質問の義務だ。その質問は、以下だ。

「あなたは、周りの人になんていわれますか。」

これと面接官の印象をあわせて採用の点数にする。面接官は、見抜けないし、自分の印象に責任もとれない。そのため、いいわけ、いいのがれのための理由、エクスキューズが必要なのだ。

例としてあげると、やるきがなさそうだが、実力がありそうな求職者がいる。そういう印象だ。

その求職者に対して、例の質問をする。

「あなたは、周りの人になんていわれますか。」

そこで、求職者は、やるきをない点を先に言うか、実力をまわりに評価されているかどちらかを、重点的にアピールすることになる。

それを、面接官はコピーアンドペーストする。

面接官が責任を取らなくて済むシステムだ。

こういう風に対策できることが面接の欠点だ。特に、人事部問担当者の面接では、このテクニックは用いられる。なぜなら、彼ら人事部問担当者は、業務のスキルがないため、求職者のスキルがわからないという決定的な弱みがある。強みは、さるやまのさるとして生きていることだ。

インターン採用したほうがいい。部門に採用の決定権を渡したほうがいいが、タイミングは、日本のサル山社会では、検討していくべきだ。