読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

会社というさるやまでの英語というアピール力の有効性

会社というさるやまでの英語というアピール力の有効性(英語やTOEICという、大量にwebに存在する記事についてさらに自分が書く理由)

 

概要

私は、英語についてブログを書いている。

その理由を説明しよう。

結論は、口下手でアピールのうまくない人にアピールの方法の一つを伝えられたらと

思うからだ。

分析

英語は、日本人が義務教育で学ぶ割に身についていない。このギャップが著しく大きい。

このふれたことがあり、難しいことを人々が知っていることということが、

「人に伝えるとき=アピールするとき」に一番有効な特色なのだ。

この学んだ人が多いということは、事実につながる。

適切な教科書があることだ。さらに、検定試験が充実している。

適切な教科書があることは、まじめに取り組めば結果が出ると言うことだ。

検定試験が充実していることは、実力査定のコストが低いと言うことだ。

多くの人が、学んだ経験は検定試験の結果を人々が評価するコストが低いということだ。

さらに、検定試験という、権威が査定したものに日本人は弱い。

英語で言うと、TOEICがいい。年10回試験があることだ。日本で行われる試験で、これほど年の回数が多い試験は存在しない。

 

 

具体的にいうと、

英語を話せる→彼はかしこい。

TOEIC700点だ。→おお。→いやー、TOEICの点数が取れるだけです。

簿記2級をもっている→彼は???

 

 英語関連の記事一覧

 

kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com