読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

移民はくるのか。

移民はくるのか。(発展途上国と日本国の経済が同規模で日本に移民は来るのかという分析。)

 

日本の人口減少に伴って、移民の提案が経団連からでる。

外国人受け入れ制度を=人口減対策で—榊原経団連会長

blogos.com

経団連は、工場労働者がほしいだけだ。社会への悪影響に関して彼らはコストを負担しない。

 

 

 

 

 

 それを一般向けに解説したのがNHKのこの番組。

人手が足りない! どうする?“外国人労働者” - 放送内容まるわかり! - NHK 週刊 ニュース深読み

 

この構図で大切なことは、プレイヤーである、移民の方の意見がでない。受け入れる側があれやこれやいっているだけである。

これに対して移民はどう考えているのか、という報道がこちらである。

NHKが移民をベースのテーマにおいて、取材をつづけていた。

www3.nhk.or.jp

景気という短期的な指標が改善したと言う理由で母国に帰国するだけではない。母国が成長し巨大なマーケットとなった。移民にとって、日本は、稼げる国ではなくなった。稼げない日本は、国として魅力がない。

r25.yahoo.co.jp

 

日本の経済力が下がる。円安が続いた。発展途上国は安定して発展を続けている。

経済力というアドバンテージがない日本に移民はこない。少なくとも、経団連や日本社会にとって優良な移民は、こない。

 

参考資料

経済学(国際経済学開発経済学

 

スティグリッツ入門経済学 第4版

スティグリッツ入門経済学 第4版