読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

TOEICの勉強中近くをみたら公務員試験の勉強をしていた。

TOEICの勉強中近くをみたら公務員試験の勉強をしていた。(資格としての公務員)(経営戦略)

 

図書館でTOEIC読解をしていた。すると、六人がけテーブルの向かいに公務員試験の勉強をしている大学2年生ぐらいの男がいた。

独学できるんだなと思った程度だった。

別の日に、スタバでTOEICリスニングをしていた。正直だるい。右となりのテーブルをみると、20半ばの男が公務員試験の問題集をといていた。トイレに行くときに左の奥の方をみると情報処理の類の資格の勉強をしていた。

自分は、TOEICを勉強している。これは、職を確実にするためだ。公務員は、職が安定している。資格としてみれば、投資対効果が高いのではないかと考えた。

( 公務員試験予備校があるぐらいだからな。)

僕は、CMを思い出していた。

www.youtube.com

資格とは、いろいろな意味がある。生涯飯を食べるという意味を考える。公務員試験は、資格として有力ではないか。TOEICのリスニングをしながら思った。

調べたところによると、半年程度で合格基準に達するとのことだ。一生食える資格として捕らえるとかなり分析しがいがあると感じた。

ここで友人に公務員試験について聞いてみようと思った。

 

参考資料

人生の経営戦略のために考える本