読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

ニュースでコメンテーターが安全保障について説明している。

社会

ニュースでコメンテーターが安全保障について説明している。(上半期最大のニュース分析。憲法立憲主義の基本をしることの重要性)

 

ニュースで国会における安全保障に関わる、憲法解釈のニュースが流れている。この安全保障に関するニュースは重要だけではなく、今後テレビ局、新聞でのニュースが増える。

この今年上半期一番のニュースにたいしてサラリーマンがおさえるべき知識はなんだろうか。

結論から言うと、日本における、憲法、法学の知識である。

この知識を10時間

でおさえる良本がある。憲法に取り組み続けてきた熱意ある本である。熟読してもいい。

熱意を最大にもつ法学実務家が、様々な科目である、憲法入門や、刑法入門という入門書を書いた後に、全体の入門として書いた良本である。 ぜひレビューを見てほしい。

  

伊藤真の法学入門 講義再現版

伊藤真の法学入門 講義再現版

 

 以上、この本を読むべきタイミングは、今だ。

 

分析

なぜ、このニュースが上半期最大のニュースなのか。以下、分析する。

まず、内容が歴史的に重大だ。次に重要な点は、このニュースがマスコミによって、大変長い時間流されることだ。

 

ニュースが増える理由は、自民党の勉強会でのマスコミに対する圧力だ。

マスコミは、これにより、政府反対キャンペーンを行うだろう。自民党は、下野する可能性を恐れている。

自民党は、マスコミ対応として、自民党若手の青年局長が更迭した。 青年局長のポストは、総理大臣を輩出するポジションである。このポジションがいとも簡単に更迭される事態は重要である。(自由民主党青年局 - Wikipedia

 

www.asahi.com

以上、重要性は端的にしめせる。