読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

経理リーマンが机の上で紅茶を飲みながらやっていること

会計スキル

経理リーマンが机の上で紅茶を飲みながらやっていること(社会人の業務で使う経理スキルの身に着け方)

 

この話は、以下の話の続きだ。

この話は、経理業務の実務を教えてほしいと美人な後輩女子に頼まれた私が、力を注いで丁寧に説明したという内容である。

社会人の業務で使う経理スキルの身に着け方を説明して、経理部署に異動したいという要望に尽力したという話だ。

後輩女子の「経理リーマンが机の上で紅茶を飲みながら何やってるの?難しいの?」という疑問に答えたものだ。

 

kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com

 

結論から言って、やっていることは、過去の経理業務のコピペと分析とコミュだ。コミュを言い換えると、愛想と交渉だ。簿記知識は、あまり要らない。会計学の専門知識は必要である。

 

現在の経理業務で求められる力は、分析力と愛想と交渉力だ。現在の経理業務は、PCがあるため、簿記の力はかつてに比べ必要ない。なぜなら、昔の簿記情報がPCのデータベースから検索できる。そのため、簿記そのものの力は必要ない。

つまり、深い分析や会計学そのものの知識が重要である。

この中で、一般的な経理リーマンと成果のだす経理リーマンの違いは分析力と愛想と交渉力となる。前述の3つのうち、どれを強めるかによって、優秀な経理リーマンのタイプが異なる結果となる。