kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

広告

【書籍紹介】武井涼子・ここからはじめる実践マーケティング入門

書籍タイトル ここからはじめる実践マーケティング入門 書籍分類 マーケティング全般、マーケティングリサーチ、ブランド戦略に関する書籍。 書籍テーマ 実践マーケティング入門というタイトルがしめすように、 マーケティングの現場で行うべきマーケティン…

業界人間ベムからの問いかけに図解で回答してみよう。その4。ベインキャピタルによるADKのTOBの今後の行方について検証しよう。

業界人間ベムからの問いかけをまず整理しよう。 ①ベイン社のスキーム、ADKの次のゴールを調べること。→LBO、O.I(オープンイノベーションによるデータマーケティング) ②公のリリースを読むこと→途中 ③自分の仮説を検証してもらうこと→仮説構築はまだ。ベイ…

業界人間ベムからの問いかけに図解で回答してみよう。その3。ベインキャピタルによるADKのTOBの今後の行方について検証しよう。

前回の記事では、公式リリースを読み続けていて、8ページまでいったところだ。全体では、26ページだからもう少しありそうだ。 前回の記事はこちら。 kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com 公式リリースを読みながら、課題7個に答えようということがこ…

業界人間ベムからの問いかけに図解で回答してみよう。その2。ベインキャピタルによるADKのTOBの今後の行方について検証しよう。

前回の記事 前回の記事で、業界人間ベムからの問いかけに回答していく流れだった。 そして、その中で、問いかけは7個あった。そして、ADKのリリースが長くて、さらに、LBOという専門的なファイナンス手法が登場したため、こちらの記事に続きを書いていくこと…

電通のブランドイメージと評判が落ちる。デジタル部門でのクライアントへの過請求。

コミュニケーション(意思疎通)と広告の話をしよう。 先日は、博報堂のブランドイメージと評判が落ちる話をした。 kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com 要約すると以下だ。 裁判によって、博報堂の営業方法がわかる、これは大きな利点だ。そして、博…

博報堂のブランドイメージと評判が落ちる。アスカ・コーポレーションとの裁判。60億円の過請求。

コミュニケーション(意思疎通)とブランド、広告の話をしよう。 今回は、博報堂とアスカ・コーポレーションとの間の裁判だ。 簡単に言うと、博報堂がやってもいない仕事で金を請求したという話だ。 今後において注目すべき裁判であるので、紹介しておこう。…

女性映画ポスターはなぜ、ステレオタイプなのか。広告コミュニケーションが適切でないとお客に届かないという映画ポスターの話。

今回は、広告とマーケティングの話だ。 洋画というジャンルがある。 海外で制作された映画を吹き替えや日本語訳をつけて日本の映画館で上映し 利益を得るというビジネスモデルだ。 映画作品は日本で知名度はないものがほとんどだ。 そのため、広告の出番とな…

なぜ、アマゾンに挑む競合が存在するのか。アマゾンがブラックだとして、その代替はあるのか。クラウドサービス部門での競合。

今回は、コミュニケーションと広告とブランドの話をしよう。 そして、分析の最後でサラリーマンが何を学ぶことができるか、普段の生活に生かすことができるかを考えたい。 テーマは、アマゾンだ。アマゾンはブラック企業である。しかし、ブラックであること…

アマゾンは、ブラック企業で、代替企業としてヨドバシカメラは便利だとおもった。

マーケティングやブランド、コミュニケーションの話をしよう。 ブランドやコミュニケーションの話は、このニュースから個人が何を学ぶかという点で強く語るとして、はじめにマーケティングの話をしよう。 今回は、マーケティングの競合の部分と広告の話だ。 …