kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

マーケティング

三菱商事が1,500億円投資して、ローソンを買収する理由は、pontaというデータマーケティングの強みがあるから。

マーケティングの観点からニュースを分析しよう。 三菱商事がローソンを買収した。 1500億円の投資だ。莫大な投資といっていい。日本国内を中心としているローソン事業に未来はあるのか。 日本国内の需要は減る一方だ、なぜなら人口が減るのだ。 それにも関…

女性映画ポスターはなぜ、ステレオタイプなのか。広告コミュニケーションが適切でないとお客に届かないという映画ポスターの話。

今回は、広告とマーケティングの話だ。 洋画というジャンルがある。 海外で制作された映画を吹き替えや日本語訳をつけて日本の映画館で上映し 利益を得るというビジネスモデルだ。 映画作品は日本で知名度はないものがほとんどだ。 そのため、広告の出番とな…

広島の人は、カープの優勝でなぜ熱狂するのか。広島カープがセントラル・リーグを優勝したときの熱狂の裏にあるブランド戦略は、商標権の無料利用というくまモンと同じ戦略。

ブランドとコミュニケーション、マーケティングの話をしよう。 広島カープが優勝した。 今回には、熱狂がある。 今回の熱狂は優勝しただけでは説明できない。 広島カープには圧倒的なブランド力がある。 ブランドとファンの間に強い絆がある。 その絆を少し…

amazonのライバルとしてのウォルマートの登場

私は、以前からアマゾンについて情報を追い続けている。 その理由は以下だ。 amazonは、人々の暮らしを便利にしているように一見みえるが、労働者としてみるとアマゾンは働きにくい場所だ、つまりブラック企業といえる。 そのような企業が長く利益をだせるの…

三菱商事とローソンとビッグデータの関係。資源ビジネスの赤字は問題ではない。

保存版記事を紹介したい。 三菱商事は、資源ビジネスだけではないという話だ。 分析の結果 短期的な結果 三菱商事の株は下落しているが、減損の結果なので、現金が出て行っているわけではない。資源以外のビッグデータビジネスを行っているため問題は無い。 …

缶コーヒーのCMで山田孝之と宇宙人は、なぜ、いろいろなコスプレをするのだろうか。清原覚せい剤逮捕の裏側で。

衝撃的な画像を見た。 清原という元野球選手が覚せい剤に関する容疑で逮捕された。 それから、いろいろテレビのワイドショーで説明はされている。入手経路がどうとか、再犯はどうだとかだ。 それも大切なんだが、やはり、野村元選手のインパクトは、大きい。…

保存版記事。APAホテルはなぜ、料金を変えるのか。

割といい記事をみつけた。それは、APAホテルの料金を説明している記事だ。 biz-journal.jp 一言分析 著者にたいして、すこし引っかかるところがある。それは、説明がたりないのではないかという点だ。 象徴的なことを引用する。 まず、前提条件、外国人の旅…

保存版記事。爆買いマーケティングデータ。タイ人は、何をもとめて日本に来るのか。インバウンド分析。

日本を訪れる外国人旅行者が2年で3倍になった。驚異的だ。 2000万人だ。会社でビジネスをたちあげろと言われる人もいるかもしれない。 また、爆買いがテレビニュースになる。これは、どのようなことを押さえておくべきなのだろうか。 いい記事があった。 ダ…

保存版記事。freeeおすすめの、マーケティングの資料、市場分析資料のまとめページ

マーケティングや何かを自分で企画するときに、必要な作業が整理されたデータで社会をとらえることだ。アフィリエイトや起業を考えている人は、大切なことだろう。 そのときに、個別にデータを集めていたら大変だ。 そのために、まとめページがいいものない…

読むべき記事。『ロシアは2016年世界最大の穀物輸出国になるかもしれない。ウォールストリートジャーナル誌が米農業省の予測レポートを引用して報じた。』

読むべき記事。チェックすべき記事を見つけた。 この記事は、すばらしい、ロシア、プーチンは、なぜ強気なのかという理由が書いてある。それは、エネルギーと食料を抑えているからである。 jp.sputniknews.com 米農業省の予測では今年ロシアの小麦輸出量は2…

ヤフーニュースが、新聞の一面よりも重視される時代といえる。覚えておくべき記事。『ネットが「欠かせないメディア」1位、動画ユーザー大幅増…NHKが5年ぶりに調査した「日本人とテレビ2015」が面白い(閑居氏) 』

日本の社会がネット中心になったことがはっきりと現れたデータが見つかった。 ヤフーニュースが、新聞の一面よりも重視される時代といえる。 それは、以下の記事だ。 togetter.com 「欠かせないメディア」として上げたのが、16-49歳では全体で①ネット40%②テ…

公共広告とバス停広告とMCデュコーとDCデュコー。Globeのバス停広告が話題となっている。

Globeという小室哲也のユニットの20周年記念のアルバムが発売される。 http://www.barks.jp/news/?id=1000122458 www.barks.jp この広告は、バス広告の一種だ。 MCデュコーがやっている。 世界最大の屋外広告会社だ。 バス広告だが、ターゲットをバスを待つ…

オーディオテクニカのヘッドフォンの広告が時代の流れに乗っている

オーディオテクニカのヘッドフォンが発売されて、広告キャンペーンが行われている。 このキャンペーンが時代をとらえている。 分析してみたい。 分析の効果 短期的な効果 オーディオテクニカの広告キャンペーンが行われていて、最近のお手本のようなキャンペ…

アマゾンの電子書籍戦略について、なんだか納得がいかない

アマゾンは、キンドルというブランドがある。電子書籍では、売れている。 というか、圧倒的だ。CMもしていた。少し見てもらいたい。 Amazon Kindle Paperwhite TVCM Japanese - YouTube なんというか、気持ちが感じられない、 愛着が湧かない。 あくまでも、…

ヤマハの音楽マーケティングは最先端を感じた。ヤマハの音楽アプリは宣伝部の時代を感じた。

ヤマハが音楽アプリを発表した。 ses.yamaha.com アプリの使い具合を説明した、記事が以下にある。 www.dtmstation.com そんなフレーズ練習に最適なiOSアプリをヤマハが無料で提供してくれることになりました。Kittarという名前のアプリが、それ。手持ちの楽…

バーガーキングのBIG割マーケティングのプロモーションがやばい。レジのお姉さん店員が、ビッグな夢で割り引くとかほんとにやばい。

kabumatome.doorblog.jp さっきバーガーキングに行ってビッグキングやらを頼んだら、BIGと名の付くものを持ってると割引できます、と言われた。何も持ってませんと答えると「ではBIGな夢を語ってください」と言われたので「すごいアニメ監督になって世界を取…

マツダ(MAZDA)は、ブランドの愛の部分をわかっていない。

マツダは、最近調子がいい。 単純に勘違いしているのではないかなと思う節があり、記事にする。 マツダにはバブルの香りがする。 分析の効果 短規定な効果 マツダの苦しい時代を支えた顧客をないがしろにする姿勢は、ブランド志向、顧客との愛着という関係に…

自動車産業はなぜ、人々をひきつける特別な産業なのか。マツダのロータリーエンジン搭載のスポーツカー発表にあわせてブランドと広告の面から歴史的に考察する。

自動車は、移動という意味だけではない。 特別な意味合いがある。我々をひきつけるのは、アフリカからの移動脱出と狩猟本能という、本能と脳みそにしみこんでいるからだ。これを分析し説明しよう。 東京モーターショーでマツダのロータリーエンジン復活、搭…

なぜ、五郎丸選手は、ラグビーの外国人選手を問題視しないのか。ラグビーというスポーツの特色が国籍を上回るから。

日本社会においては、ラグビー日本代表は、多国籍チームととらえられている。 データで示すと31人の日本代表のうち外国籍のメンバーは、10人だ。 日本人は、単一民族と思い込んでいて、一億総中流と思い込み、その枠の外の人には冷たく 何も感じないという特…

【書籍分析】速さは全てを解決する・SPEED【赤羽 雄二】

導入。手に取った理由。 タイトルが、黒と白で美しかったから。SPEEDの文字が目立っていた。すこし読んだらマッキンゼーの人でブランド力を感じたから。 書籍タイトル 速さは全てを解決する・SPEED 分類 日々の業務の改善の本。 書籍テーマ一言要約 日本企業…

【書籍分析】デュアル・ブランド戦略【矢作 敏行】

導入。手に取った理由。 本カバーがざら紙で目立っていた、また個別のブランド戦略の書籍に比べ、ブランド戦略全体の書籍は数少ないため、気になった。 書籍タイトル ディアル・ブランド戦略 分類 ブランド戦略全般の書籍。とくに、スーパー、コンビニといっ…

なぜ、hulu、netflixのCMが大量に流れるのか。hulu、NETFLIXのCMに金がかかっている理由。wimaxの解約からみる、月額課金ビジネスの肝、勝負どころ。

biglobewimaxを使っていて、解約しようとしたところ、月の25日までの申し込みと説明があった。月ごとの清算だから、月末でシステム上は問題ないだろう。納得いかないがこの国の月額課金のビジネスは、このようなレベルだ。携帯電話の2年縛りみたいなものだ。…

なぜ、UPQ(アップキュー)のブランド戦略は魅力的なのか。UPQ(アップキュー)のブランド戦略に注目している。このスタートアップバブルを生き抜いてほしい。ブランドつくりと戦略、戦術、経営体制。

UPQ(アップキュー)というブランドがある。 工場をもたない、ブランド、マーケティングに特化した、ブランド企業だ。 今回は、この企業を少し分析しようと思う。 分析の効果 短期的な効果 注目すべきスタートアップベンチャーがあり、とくに4Kテレビはおす…

【書籍分析】なぜ今LAWSONが「とにかく面白い」のか?【上坂 徹】【三菱商事の力】

導入。手に取った理由。 ローソンの会社のカラーである青色がきれいだったため。 書籍タイトル なぜ今LAWSONが「とにかく面白い」のか? 分類 ローソンという企業の広告本。宣伝本。 ローソンという企業のブランディング事例としての事例本。 マーケティング…

【書籍分析】「自分メディア」はこう作る!【ちきりん】

導入。手に取った理由。 おれんじと赤の間の色が目立つ書籍。サイズも小さい。 それで手に取った。ちきりん、みんな大好きちきりんだ。 ちきりんがメディアについて書いた本だ。これは分析すべきだ。ブログは、バブル状態だしね。 書籍タイトル 「自分メディ…

なぜ、フォルクスワーゲンの改造ソフト問題が歴史に残る問題なのか。フォルクスワーゲンもとい、ボロクソワーゲンの自動車史に残る不正ソフトウェア事件のブランドを含む見えにくい影響を分析する

自動車史に残る大事件だ。 事件の概要が損失額も含めて明確に、判明する前に最高経営責任者が辞任した。 これはすごい。22日に一報が入り、23日に辞任だ。 (実際は、一年以上不正追求されていた。 焦点:独VWの不正告白、当局と繰り広げた長期攻防の舞台…

【書籍分析】マーケット感覚を身につけよう【ちきりん】

導入。手に取った理由。 ちきりんブランドで手に取った。ビジネス書。ランキング上位の本。ちきりんの一押しは、マーケットという言葉。マーケットの概念が理解できているかは微妙なところだ。マーケットと書いてあって読まないわけにはいかない。みんな大好…

【書籍分析】スープを売りたければ、パンを売れ【山田まさる】

導入。手に取った理由。 黄色の本の色が、コーンスープに見えたから。スープを意識しているのだろうという、細部にいたる点を買った。 書籍タイトル スープを売りたければ、パンを売れ 分類 PR業務、マーケティング戦術、マーケティング戦略関連本。 書籍テ…

【書籍分析】指名される技術【堀江貴文、斉藤由多加】

導入。手に取った理由。 帯の文字に引かれた、ちなみに帯をとっても同一のものが印刷されている。 顧客をリピートさせる技術とある。 リピートは、研修、教育コンサルティング企業の法人営業をおこなう、後輩のビジネスの肝だ。 後輩は言っていた。ビジネス…

なぜ、歌舞伎は歴史的バブルなのか。歌舞伎(かぶき)は、バブルだ。間違いない。そして、愛之助と藤原紀香の色恋沙汰はマーケティングだ。(赤坂歌舞伎での結論)

歌舞伎を日本の文化、ブランドだと思っている人は、本質的ではない。 なぜなら、歌舞伎はブランドよりもバブルの要因が大きい。いろいろな娯楽とくらべると、はっきりいって金を取れることが不思議だ。そこから分析をはじめた。 歌舞伎俳優といえば、海老蔵…

【書籍分析】あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか【津田久資】

本の表紙にボストンコンサルティンググループ、博報堂と書いてあって手に取った本。割と読みやすかったので読みやすさの分析をおこなった。著者は、東大法学部、灘とブランド名でおなかいっぱいになる感じだった。 書籍タイトル あの人はなぜ、東大卒に勝て…

【書籍分析】社会学ウシジマくん【難波功士】

タイトルだけの本と思ってスルーしていた。中身は、著者が自分自身の社会学と向き合い、同時に自分自身の内面に触れながら力強く書いた力作だった。 書籍タイトル 社会学ウシジマくん 分類 日本社会、マーケティング関連の書籍。 書籍テーマ一言要約 テーマ…

【書籍紹介】マーケティング零【大石芳祐そのた】

今回紹介する本は、マーケティング零だ。 書籍テーマというか一言要約 マーケティング概要をゼロから基礎レベルを確立することをめざす。 マーケティングを短くおしえないといけない著者が生み出した書籍だ。 著者 大石芳祐そのた。 目次 序章マーケティング…

【書籍分析】なぜデータ主義は失敗するのか。【クリスチャン・マスビェア、ミゲル・B・ラスムセン】

今回は、 企業経営、マーケティング、ブランド関連の書籍を紹介したい。 書籍名は、「なぜデータ主義は失敗するのか」だ。 books.rakuten.co.jp 書籍要約 テーマは、人文学という人間の理解という学問が企業経営に役立ちますよという本。ガイドブック。 要約…

なぜ、尾道にはブランド力があるのか。自転車と夜行列車とうどんというブランド。尾道ではバブルを超えて。

今回は、マーケティングとブランドの話をしよう。そして、地方経済の状況に少し触れよう。 地方経済は、ぼろぼろだ。いつかの状況はまとめるとして、とりあえず、ぼろぼろだ。 簡単に言うと、夕張市を思い出してほしい。夕張市は、破綻した。現在はどうなの…

なぜ、AUのCMで濱田岳は目立たないのか。AUのCMで濱田岳が目立たないのは、桐谷健太のせいではないか。

AUのCMが続いている。 おそらく人気が続いているのだろう。CMの後半の音楽がすばらしい、くりかえしのフレーズがいい。 www.au.kddi.com 分析の効果 短期的な効果 CMのキャストの実力を測りながらCMをみれる。桐谷健太に期待できる。 長期的な効果 このCMシ…

なぜ、へーベルハウスは安心できるのか。へーベルハウスのブランド力が証明された。

鬼怒川氾濫でへーベルハウスのブランド力が証明された。 被害を受けた方々は大変だと思う。 分析の効果 短期的な効果 へーベルハウスのブランドの根拠がわかる。いずれブランドの力が証明されることは決まっていたことがわかる。 長期的な効果 ブランド力あ…

なぜ、オリンピックエンブレムは、招致用を本番では使えないのか。オリンピックエンブレムは、招致用でいいのではないか。

個人的な感想として、オリンピックエンブレムは、招致用でいいのではないかと思っている。 美しさがあると思う。少しこのことを分析してみたい。 いままで、オリンピック関連の諸問題を分析してきた。 オリンピック カテゴリーの記事一覧 - kanjuseitosyakai…

なぜ、アンパンミュージアムの料金は、ありえないくらい高いのか。日本最大のコンテンツビジネスは、アンパンマン。人生に存在する、アンパンマンの季節。

日本最大のコンテンツビジネスは、アンパンマンだ。人生には、アンパンマンの季節がある。 幼児期にアンパンマンを愛し、ある日卒業する日が来るのだ。 アンパンマン分析の効果 短期的な効果 アンパンマンが日本のコンテンツの最大ということがわかる。 長期…

なぜ、おーいお茶のCMは、三浦春馬を起用すべきなのか。おーい、お茶の秋のCMがいけてる。ブランドイメージが向上しそうだ。

おーいお茶のCMが秋のバージョンになった。 このCMを分析したい。個人的な気持ちなので、効果はない。 短期的な効果 さわやかなCMの効果を出演者から考えれる。 長期的な効果 CMでブランドを確立するなら丁寧なキャスティングが必要と考えられる。 本文 おー…

なぜ、オリンピックエンブレム問題は、ワイドショーで人気なのか。オリンピックエンブレムで露呈した広告業界の内向き具合

オリンピックエンブレムのニュースについて記事にすることが多い。 それには、理由がある。 まず、エンブレム問題は、日本の特殊性を現すものであり、続く問題だからだ。 そして、エンブレム問題は、テレビニュースと相性がよく我々が目にするものだからだ。…

なぜ、上級国民というワードが人々の心をとらえるのか。上級国民という、オリンピックエンブレムからうまれた広告ワード

今回は、マーケティング、ブランドとコミュニケーションの話をしよう。 上級国民という新たなブランドワードがうまれたことを分析して、コミュニケーションの観点からサラリーマン生活に役立てよう。 上級国民という広告ワードが生まれた。 戦時中の非国民と…

なぜ、佐野デザイン事務所は、業務のレベルが甘いのか。広告デザイン業界のクローズさとネット社会のオープンさが背景にある、佐野デザイン事務所の詰めの甘さ

いままで、日本の広告デザイン業界についていろいろと分析した。 今回は、佐野デザイン事務所の詰めの甘さを例にあげて、デザイン事務所が所属する広告デザイン業界とネット社会について分析したい。 この分析の効果 短期的な効果 クローズな業界をオープン…

なぜ、様々な会社が動画配信ビジネスを行うのか。AUのCMで動画の広告をした。そこからわかる、Netflixとhuluが日本に来る理由。日本で狙う動画バブル。

AUのCMで唐突に、月を見るという場面が出た。 そして、月をみる→動画がみれるという、広告らしい、そしてやや違和感のある流れだ。 結局、AUの動画を宣伝するということだ。 なぜ、唐突なCMの流れになるのか。今回はそこのところを分析しよう。 summer au | …

なぜ、桐谷健太は目立つのか。AUのCMでの桐谷健太は共演者との比較で目立つ。

AUのCMを何度か取り上げているが、 桐谷健太の表現力をメインに分析している。 今回は、共演者との比較として分析しよう。 分析の効果 短期的な効果 共演者と比較して桐谷健太の表現力の大きさがわかる 長期的な効果 広告として、様々な長いシリーズを分析で…

なぜ、日本社会の冷たさは、国際イベントであるオリンピック問題で目立つのか。オリンピックエンブレムで浮かび上がった、広告デザイン業界と日本社会の他者を尊重しないという現実

この夏から秋にかけて、マスメディア、とくにテレビで取り上げられるニュースとしては、 東京オリンピックのエンブレムの問題がある。 これを分析する。 分析の短期的な効果 テレビ番組の構成がわかる。 長期的な効果 日本社会の特徴がとらえられて、ビジネ…

なぜ、ブランドは金を生むのか。ブランドマーケティング担当者は、絶対に押さえるべき静岡県ナンバーワンのブランド男。フェラーリとたけのことクワガタをブランドとバブルの観点からみる、目標は情熱大陸。

たけのことクワガタでフェラーリを買った男がいる。 彼は、すばらしい。ブランドとバブルを理解しているからだ。 今回は、この男を分析してみたい。 分析の効果 短期的な効果。ブランドとバブルの力をしる。単純に事実に驚ける。 長期的な効果。サラリーマン…

なぜ、ニューバランスのスニーカーは安心しておすすめできるのか。ニューバランスのブランドでおすすめのスニーカー

ニューバランスのスニーカーについて基本的なことを分析しておきたい。 この分析記事の効果 短期的な効果。ニューバランスのスニーカーの定番のおとくな買い方がわかる。 長期的な効果。ブランドがしっかりした定番商品をかえばいろいろ考えないで済む、その…

なぜ、24時間テレビのマラソンでDAIGOは、ニューバランスとともに走るのか。24時間テレビでのマラソンランナーDAIGOのシャツにニューバランスのロゴが走る

この分析を読んでわかること。 短期的には、ニューバランスのイメージについて考えることができる。 長期的には、ブランド価値の長い評価を考える記憶の片隅に残る。 本文 広告代理店がいい仕事をしている。 ここ数年ニューバランスの日本でのブランド価値は…

オリンピックという国際関連で日本の広告デザインのあらが目立つ必然性分析

オリンピックという国際関連で日本の広告業界のあらが目立つ必然性を分析してみたい。 この分析でわかることは、短期的には、最近の広告の模倣という話題について詳しくなれる。 長期的には、グローバル化でいろいろな商習慣が変わることが推測できるl。 本…