kanjuseitosyakaitojounetsu’s diary

コミュニケーション(意思疎通)、マーケティング、広告、メディアのブログです。経営分析、投資分析、ビジネススキルの目線もあります。これらの観点から様々な事柄を分析します。

2015-09-22から1日間の記事一覧

なぜ、ユーザベースに投資したくなるのか。スタートアップバブルで投資したいベンチャーその2は、ユーザベース

スタートアップの業界は、バブルだと判断している。 その構造は、以下の記事でまとめている。 kanjuseitosyakaitojounetsu.hatenablog.com このバブルにたいして一般サラリーマンである我々ができることは、大きく三つだ。 1、投資家になる。2、儲けるベン…

なぜ、歌舞伎は歴史的バブルなのか。歌舞伎(かぶき)は、バブルだ。間違いない。そして、愛之助と藤原紀香の色恋沙汰はマーケティングだ。(赤坂歌舞伎での結論)

歌舞伎を日本の文化、ブランドだと思っている人は、本質的ではない。 なぜなら、歌舞伎はブランドよりもバブルの要因が大きい。いろいろな娯楽とくらべると、はっきりいって金を取れることが不思議だ。そこから分析をはじめた。 歌舞伎俳優といえば、海老蔵…

【書籍分析】ブランディングの基本【安原智樹】

タイトルと表紙のデザインがよくて、手に取った本。ブランドではなくて、ブランディングについて説明している。ブランディング実務といったほうが正確だろう。 書籍タイトル ブランディングの基本 分類 ブランド、ブランディング実務の書籍。 書籍テーマ一言…

【書籍分析】あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか【津田久資】

本の表紙にボストンコンサルティンググループ、博報堂と書いてあって手に取った本。割と読みやすかったので読みやすさの分析をおこなった。著者は、東大法学部、灘とブランド名でおなかいっぱいになる感じだった。 書籍タイトル あの人はなぜ、東大卒に勝て…

【書籍分析】社会学ウシジマくん【難波功士】

タイトルだけの本と思ってスルーしていた。中身は、著者が自分自身の社会学と向き合い、同時に自分自身の内面に触れながら力強く書いた力作だった。 書籍タイトル 社会学ウシジマくん 分類 日本社会、マーケティング関連の書籍。 書籍テーマ一言要約 テーマ…

【書籍分析】フィンランド流6時に帰る仕事術【田中健彦】

今回は、フィンランドというタイトルが気になった本を分析した。大変質の高い本だった。理由は、プロの書いた生活と仕事と教育という複合の本であり、きわめてまれな本だからだ。 書籍タイトル フィンランド流6時に帰る仕事術 書籍テーマ一言要約 テーマは、…